Another Japan in the World

Jun Aruga's blog, who lived in Japan, Singapore, live in Czech Republic. Mainly about IT and travel.

日本に希望する政策3カ条

シンガポールに興味をもちはじめました。
私は日本で働いたり、自営業をしておりますが、そんな日本の労働の習慣に、少し窮屈に感じる部分もありました。

日本人労働者の閉塞感、それを変えるため、労働環境の流動化が必要であり、そのために、シンガポールをモデルにしたいと思うようになりました。

シンガポールファンドを経営していたある方に「日本で労働環境を流動化するためには?」との問いに、「政党を作ること」という答えをもらいました。

・雇用者の無条件解雇
 雇用者にとっては、危機感が自己成長する、生産性を高める動機になります。また法人にとっては、正社員を取りやすくなり、いつでも首にできるので、無駄な人件費は削減できます。人件費を固定費から変動費に変えられるのがメリットです。
・税金は消費税のみ。法人税の撤廃により、社長が節税業務をはなれ、本来やるべき売上を上げることに集中することで、企業一人当たりの生産性をたかめ、高齢化時代を生き残る。
・教育制度の改善
 英語、ビジネス教育、起業家教育とかいいじゃないかと思います。
 シンガポール国立大学や、シンガポール経済大学をモデリング(真似)したい。

政党を立ち上げるとしたら、国民よ、もっと現実をみよう!ということで、「日本現実党」というのはどうでしょうか?(笑)

マジですよ。

Remove all ads