Another Japan in the World

Jun Aruga's blog, who lived in Japan, Singapore, live in Czech Republic. Mainly about IT and travel.

Use git and ls with color

gitでカラー表示

たぶん Open Solaris で、gitを使って開発している人向けです。
このような環境です。

$ uname -a
SunOS ホスト名 snv_89 i86pc i386 i86pc

gitで、git statusしたり、git diff したり、git branchされるとき、カラー表示されるととても見やすいですよね。

Linuxだと以下のコマンドでカラー表示になります。

$ git config --global color.ui auto

ところが、Solaris だとどういうわけかカラー表示になりません。
autoだからいけないかと思い、trueを設定してもやっぱりできません。

http://d.hatena.ne.jp/tokuhirom/20081212/1229080990

を見たところ、カラーに関して、~/.gitconfig に詳細な記述ができることがわかりました。
.gitconfig は、git config コマンドの設定内容を記録しているところで、.gitconfig を編集してもよいようです。

[color] branch, status, diff の行を追加すると、Solarisでもカラー表示になりました!

.gitconfig

[user]
    email = your@mailaddress.com
    name = XXX XXX
[color]
    ui = auto
    branch = auto
    status = auto
    diff = auto

lsでカラー表示

このホスト限定かもしれませんが、/usr/local/bin/ に
g** というコマンドがありました。
たぶん、gls = GNU ls ですね。

あとついでに"-r"オプションが使えないSolarisgrepGNU grepに置き換えちゃいます。

.bashrc

alias ls='gls -AF --color=auto'
alias grep='ggrep'

かなり快適になりました。

Remove all ads